大田区武術太極拳連盟(東京都)

Happy Taichi Town OTA-ku,Tokyo! 太極拳でハッピーになる街~大田区・東京! 【事業目的・内容など】 本連盟は大田区で活動する武術太極拳団体を代表し、東京都武術太極拳連盟に加盟しております。また本連盟の事業は営利を目的とせず、加盟団体による自主的な運営をもっておこないます。

2020年02月

☆第18回世田谷区大会のご案内☆

大田区武術太極拳連盟
加盟団体・会員の皆様

友好団体・世田谷区武術太極拳連盟より「第18回世田谷区武術太極拳大会」のお誘いを頂戴しましたので掲示いたします。
個人競技、集体競技で出場を希望される方は、掲示の大会要綱をご覧の上、大田区連所定の申込方法で大田区連事務局へ2020年3月10日(火)までに費用を添えてお申し込みください。

第18回世田谷区大会①
第18回世田谷区大会②
第18回世田谷区大会③
第18回世田谷区大会④





☆第3回東京都シルバー太極拳大会 中止につきまして☆


大田区武術太極拳連盟
加盟団体 会員各位

掲題の件、東京都連盟より下記のとおり案内が届き、大変残念ながら今年の東京都シルバー太極拳大会は中止となりました。

次回の大会へのエントリーを期待いたします。

第3回東京都シルバー太極拳大会 中止につきまして

☆第27回東京都武術太極拳選手権大会 中止につきまして☆


大田区武術太極拳連盟
加盟団体 会員各位

掲題の件、東京都連盟より下記のとおり案内が届き、大変残念ながら今年の東京都武術太極拳選手権大会は中止となりました。
今後の出場料の返金などにつきましては、すでに出場料を支払した方々の所属団体を通じて、事務局より返金させていただく予定ですので、今後のご案内をお待ちください。

次回の大会へのエントリーを期待いたします。
第27回東京都武術太極拳選手権大会 中止につきまして


厚生労働省・プレスリリース「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年2月19日版)」から

大田区武術太極拳連盟

加盟団体 会員の皆様へ

 

国内・外で大変心配になっております新型コロナウイルス感染症については、危険水準がMiddleレベルになったとのことで、私たちの生活の場にも困難が近づいていることが懸念されます。

 

昨日令和2年2月19日、厚生労働省から次の「◆国民の皆様へのメッセージ」がプレスリリースとして出されました。

詳細はこちらをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09637.html

 



--------------------------------<
引用はじめ>---------------------------------

◆国民の皆様へのメッセージ

 

○国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

 

○次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

 

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

 

【多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について】

〇多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。

----------------------------<引用おわり>-----------------------------------

 

太極拳の練習参加におきましても、これらのメッセージを受け、

1.     現状、新型コロナウイルス感染症予防と対策は、各自の免疫抵抗力によるところが最も重要なようですので、体力が落ちるような生活習慣、睡眠不足は避ける

2.     体調が落ちている、と感じたときは「外出を控え、積極的に練習を休む」などで身を守る

3.     練習会場への往復・公共機関の利用時は「各自マスクを着用」し、人混みを避ける、会場に着いたらすぐ手洗いと消毒を実施する

4.     場合によってはマスクを着用したまま練習を行う

などの注意、配慮と対応を各自が励行されることが望まれます。

 

会員各位の正しい知識と対応により、現在の懸念をともに排除されますよう、お願いいたします。


以上

このページのトップヘ